お酒の飲みすぎは抜け毛を促進させる

毎日晩酌をしている、お酒を飲むのが大好き、と言う人もいらっしゃるでしょう。お酒は「百薬の長」とも言われていて、適量であれば体に良いといわれています。

ですが、実はお酒の飲み方一つで抜け毛を促進させてしまうこともあるのです。食べ物とは少し違いますが、お酒の飲み方にも気をつけて、抜け毛予防をしていきましょう。

お酒の何がいけないの?

お酒の飲み過ぎは抜け毛に良くない お酒の飲みすぎは抜け毛を促進させる・・・とは言っても、お酒の何がいけないのかを理解しなくては意味がありませんよね。まずお酒ですが一般的には果物や穀物を使って作られています。なので「糖分」を豊富に含んでいる飲み物です。

実はこの糖分が厄介で、沢山取り入れてしまうと血液の中で脂肪に変化してしまいます。すると皮脂の分泌量が増えてしまうので、結果として頭皮の毛穴を詰まらせてしまい、抜け毛となってしまうんです。

またお酒ですが、肝臓で有害物質を作ってしまうんです。お酒を飲むと肝臓に負担がかかるというのは、この有害物質が原因となるのですが、その有害物質を無害な物にするためには、髪の毛を作るシステインを沢山使う必要があります。

つまりお酒を飲むことで糖分を摂取するだけでなく、髪の毛を作るシステインを減らしてしまうんです。少量であればよいのですが、毎晩沢山飲む習慣がある人は、抜け毛のこと、健康の事を考えて、飲む量を減らしてください。

ちなみに、糖分が関係しているということは、甘い物を沢山食べるというのもよくありません。お酒もそうですが飲みすぎ、食べすぎは何においても良くないので、バランスの良い食事を心掛けるようにしましょう。